無重力水槽

美大卒の平均的なデザイナーが北欧の美大に行くまでの話

僕のTOEFL3800の使い方

 

スタバで可愛い店員さん目当てで英単語を中心に学習している習慣を身につけたことについては一つ前の記事で述べた。まだ読んでないならこっちを読んでから出直してきたまえ。

 

andy0330.hatenadiary.jp

 

さて、で、どうやって僕が英単語を勉強しているかについてここに書いておく。

これは友人に当てた紹介でありながら、僕自身の反芻でもある。要は学習方法について言語化・見える化することによって自身を検証するのだ。

 

僕が英単語を勉強するときに使用するアイテムがこちら

 

f:id:andy0330:20170722233201j:plain

 

これが僕の英単語学習アイテム一式だ。

左から順番に

・音楽プレーヤー(ケータイ)

・toefl3800(テキスト)

・筆記用具

・ノート

・英単語帳

 

以上。スタバについたら必ずこれを全部まず机の上にだす。

つまりいつもこの一式はカバンに入っていて、これを背負って会社に行っている。

というか常にこの一式は持ってる。どうしても身軽にしたいときは英単語帳だけ持ち出す。一つずつ紹介したい。

 

 

音楽プレーヤー

・ケータイじゃねえか!

・そう、ケータイなんだけど、使わなくなった前のケータイを音楽プレーヤーとして再利用している。

・中には英単語テキストブックについていたCDの音源が入っている。

・普通の音楽も入っている。

・アプリで英和和英辞書も入っている。これは有料アプリでローカルで使えるので通信する必要がない。

 

 

 

筆記用具

f:id:andy0330:20170722231821j:plain

 ・この中で重要なのはラインマーカー。

・色々試行錯誤した結果3色はいるということがわかったのでこれはマスト。詳しくは後述する。

赤と黒のボールペンはすぐ切り替えるので一本にまとまっている必要があった。

・これで全部事足りるんだけど、ノートに英単語をたくさん書いて練習するときに手が疲れるのでお気に入りの万年筆を使っている。

・万年筆を使っているもう一つの理由として退屈な英単語書き取りをするときにせめてお気に入りの筆記具を使うことによってモチベーションを保ってるんだよね。「あーやっぱこのペンは書き心地いいなー」とか「インクの色いいなー」とか思いながらさ。

 

 

TOEFL3800(テキストブック)

f:id:andy0330:20170722231839j:plain

 

・見る影もない

・カバーは邪魔だったから買った瞬間に捨てた。

・長続きしますようにーと思いながらお気に入りのステッカーを貼る。

・ここに載っている3800を暗記するためにスタバに通っている。

TOEFLで点数を取りたい人間がウェブサーフィンしていると必ずこのテキストブックに出会う。

・とにかく英単語はこれをやっておけ!っていうくらい有名な本らしい

・確かにAmazonのレビューもよかったので購入した。

・付属の CDはケータイにぶち込んだ

・最初の900個くらいは「お前これはできるよね...?」みたいなやつなんだけど結構知らない単語多くて苦戦してる。

 

f:id:andy0330:20170722231902j:plain

 

中はこんな感じ。赤シートで英単語を隠せるようになってるんだけど「しゃらくせえ!」ってページを折って使ったりしてるうちにこんなになった。今は1000個くらいやったからあと2800個覚える。ちいがんばる。

 

やり方としては

とりあえず、知ってる単語に目を通す時間が一番勿体無いんで、まず今日覚えたい分を一回テストして、できなかったやつに全部ペケをする。

そうするとペケした中でも「あーそうだったねー君そういう単語だったねー!今思い出したわ!」みたいな連中がいる。そういうのも含めてペケのやつを書いたりブツブツ言ったりして覚える。このときにCDを使って発音も確認する。なるべく耳・口・目・手をフルで使うように心がける。

で、翌日テストする。できれば朝やる。で、それでもミスってたやつはマジでわかってない単語なのでラインマーカーを引く。

またスタバでこれを覚える。でテストする。

また間違えたら違う色でマーカーする。

 

f:id:andy0330:20170722231917j:plain

 

それを繰り返して、3回覚えられなかったやつは本当に手強いやつだ。

俺はこの手強い単語をネオンテトラと呼んでいる。

 

f:id:andy0330:20170723000001j:plain

 

evaluate=評価する 未だに覚えられてないわ。

 

ネオンテトラは1000語やった中でだいたい50語くらいあってこれは毎日扱うように心がけている。覚えられなくても、とにかく毎日出会うことが大切だと思う。心を開かない中学生と同じだね!

この「間違えるごとにラインマーカーが増える」ていうのは江戸時代の「入墨刑」から発想を得ている。

 

f:id:andy0330:20170722235859j:plain

 

karapaia.com

 

罪を犯すごとに一本ずつ入墨を入れられて、最終的に「犬」になっちゃうってやつ。僕の場合は犬じゃなくてネオンテトラだけど。

 

 

 

テキストの下には学習した日付を入れる。

「俺頑張ってるな!」っていうモチベーションアップのためっていうのもあるけど、これで最近やってないページがわかるので「じゃあ今日はここテストしてみるか。そろそろ忘れてるだろうし。」ってなるじゃんか。

f:id:andy0330:20170722231906j:plain

 

モチベーションモチベーションうるせえな、って思うかもしれないけどモチベーションこそが英語学習において最重要課題なのではないか??????

自分をいかに毎日、自分もおだてて、励まして、なだめて机に向き合わせるか。

英単語なんてそれこそ毎日やらないと意味がないので、そこに一番神経を使うべきだ、と僕は思う。

 

 

 

 

 

 

キャンパスノート

f:id:andy0330:20170722231945j:plain

 

 

・書き取り用。

・別に紙ならなんでもいいんだけど、ノートにした方が連続して毎日自分が頑張ってる感じがするのでノートを使っている。

・キャンパスノートのページ数が少ないやつ。

・理由はそっちの方が軽いから。

・表紙にナンバリングしてあるけど、このノートそのものには価値がないので最後まで使い終わったらその場で捨てるようにしてる。

・蓄積はモチベーションを保つのには有効だけど、驕りを産む要因になりうるので努力の形跡はある程度残しつつ、ある程度溜まったら捨てるのが大切だと思う。

 

 

 

 

英単語帳

f:id:andy0330:20170722232009j:plain

 

東急ハンズで250円くらいで買った英単語帳。

・緑シートと赤シートが付いている。

・ポケットサイズが気に入っている

・ちょっとした時間に勉強するときに毎回分厚いテキストを開くのが現実的ではないのでこの方法をとった。

・いずれにせよ自分の苦手な単語を集めておく場は必要だった

ネオンテトラと、その予備軍を書いておく。あと日常でわからなかった単語や、「これ使えるようになりたいな」と思った英単語を書き留める。

・例えば最近だとderailって脱線するっていう意味なんだけど会話ですげえ応用効きそうじゃん。そうしたら書いて覚える。

 

f:id:andy0330:20170722232019j:plain

中はこんな感じ。単語帳のナンバーと、英単語、和訳、右は派生とか例文とかをかく。

ラインマーカーを引いたのは特に苦手なやつなので忙しい時はここだけバーっと練習する。しばらくやってると位置と順番を覚えてきてしまうので逆から読んだりランダムに選択してテストしたり自分で工夫している。

 

 

 

以上、僕のTOEFL3800の学習方法でした。

英単語学習についてはまた機会を見つけて書くのでよろしくお願いします。

 

 

今は登録した英単語をランダムにテスト出題してくれるアプリを探している。

 

 

 

おしまい