無重力水槽

美大卒の平均的なデザイナーが北欧の美大に行くまでの話

bored

英語学習に完全に飽きてしまったので

 

最終手段として4月のTOEICに申し込むことにした。目標がないとだめだーやっぱ。

 

 

 

新しい教材があるとそれ珍しさで数カ月続くんだけどその後がさっぱりだね。

 

楽天主義は新しい物好き、熱しやすく冷めやすい。

 

 

エニアグラムの性格をうまく利用しながら自分を煽てて励ましてやっていかにゃならん。

 

英語で日記とかつけたらかなり良さそう。でもなんて面倒な作業なんだ………。

美人の外国人のお姉さんに添削されたい。

 

 

 

 

discreet

 

もうたるんでるよ。

絶対たるんでる。

 

 

自分でもわかる。

っていうか自分でしかわからないけど(笑)

 

 

英語学習の時間が明らかに短くなってる。

英単語の勉強は習慣づけられているからまだ存続してるけど

 

とにかくルーティンの構築がへたくそすぎる。

 

 

 

 

何言っても言い訳になるけど

 

ノルウェイの森の洋書を読んでるのね。勉強として。

これが一番お気に入りの小説で10回以上日本語で読み続けているから

わからない単語が連続してても「あーこここういうシーンだったな」って言って詰まらずにすむわけ。

 

 

詰まらずに済むからつまらないで済まない。みたいな。

うわ、詰まんないこと言ったな。今。

 

 

小説って続きが気になってわくわくしながら読むじゃないですか。

でもノルウェイの森ってわくわくするシーンないんだよね。

 

 

喪失と再生の物語だし......。

男と女が会話してセックスする。そんなお話。

 

 

いや いいわけですな。

 

 

また学習のパターンに飽きが来てるのかな。

飽きっぽい性格っていい時もあるかもしれないけど悪いときのほうが多い気がする。

 

いい面はやっぱり落ち込みからの回復かしら。

落ち込み続けてるのに飽きちゃう、みたいな。

 

 

救いといえば家に娯楽が少ないことかしら。

 

勉強以外にやることがないというか。

あとはランニングか読書か...。

唯一スマホゲームは心血注いでるかな。

 

 

 

留学先は意外にもフィリピンの都心部になるかも?

本当は島がよかったなー。

今見積もりとってもらってるところ。

 

 

いかにモチベーションを回復させながら自分に勉強させるか、

っていうのも勉強の重要な技術なのかも。

 

とりあえずこうして文章を書いて内省してるだけ偉い、とか

何とか言ってみたりして。えへ。

 

おしまい

 

stage

 

家よりマクドのほうが全然勉強がはかどる

 

最近、つってもここ半年くらいだけど英語の勉強だけしてきた。

もう家に帰ったら勉強だけ!みたいな。

 

それもよくないなーっていうのは、

まだ全然人生設計が出来ていないっていう不安が大きくなってきて。

 

漫然と働くのと同じくらい漫然と勉強するのが罪なんだけど、

じゃあどうするっていうと自分のアイデンティティーを見つめなおしてこれからの10年ごとくらいのステージを思い描く、、みたいなのが大事なんだなと思った。

 

 

それで、去年僕に大きな衝撃と影響を与えたリンダグラッドンのLIFESHIFTを読み始めた。もう良すぎて夢中になった。WORKDSHIFTと同じかそれ以上の良さだった。思わず友人に突然「頼むからこれを読んでくれ」とラインしてしまったほどだ。

 

 

キンドルでこいつを読みながら単行本のほうもぽちってしまった。明日には届くだろう。英語の勉強も続けながら、その時間を半分くらいにして人生を計画する時間にあてようと思う。

 

 

そうするとモンハンとかナンパとか飲みとか、やってる暇ないんだよね。

忙しくてそういうことをしている暇がない。

 

 

DMM英会話 覚醒

 

とうとうdmm英会話に本登録した。

 

思えば初めてdmm英会話の体験レッスンを受けたのは去年の秋...。

緊張しすぎて震えながらskypeのコールを待ったのを覚えている。

 

今年になって「やらねば!」と思って2回目の体験レッスンを受けた。

も~~全然だめでーっ!

 

何がダメって言葉が出てこない。

 

まず語彙が出てこない。

 

 

TOEFL向けの難しい英単語とかも普段やっていて、「洪水」とか「垂直」とか「腎臓」とかはいつも扱っているつもりなのに、いざ会話になると「悩む」とか「しんどい」とか「避ける」とか「比べる」なんていう基本的な語句が出てこずに唸ってしまう。

 

まあじゃあ難しい語句ならとっさに出てくるのかっていうとそれも出てこないんだけど!いずれにせよ文章を読んでいるほうが気が楽なのは確か..。

 

 

 

 

2回の体験レッスンを受けてもうdmm英会話もおしまいかぁと思った。

ただ2回目のレッスンが終わった時に僕が思ったのは「これは続けなければならぬ」というものだった。

 

1年ほど英単語・読書ばかりやってきたのだけれど、これはどれだけやっても英会話の糧にはならない......。それはわかってしまった。

まあそれ自体が大きな収穫だったのだな。

 

 

 

そしてdmm英会話に本登録。

ぽちっと。

 

なんだ......?

 

 

クレジットカードの番号とか名前とか全然入力してないのに

あっさりと支払い手続きが済んでしまった!

 

 

 

あっ

 

これはあれだ

別のDMMサービスを利用した時に登録したクレカだ....。

 

 

 

 

お金を払うと全然違うね!

dmmの広告だと1回のレッスンが170円とか豪語してるけど、

それは毎日レッスンを受けたときの価格であって

例えば1か月に1回しか受けなかったら1レッスン5500円...。

2回しか受けなかったら2750円....。

 

指の隙間から零れ落ちるお金...!!!!!

 

そう考えると毎日やらざるを得ない。

3回4回とレッスンをこなしていくと

 

少なくとも会話に対する緊張が薄れていって、

「レッスンを受ける」ことへの抵抗がなくなっていったのがよかった。先生もとても親切で、わからない言葉があればスカイプで打ち込んでくれるし、僕が言葉が出ずに悩んでいると辛抱強く待ってくれたり、言葉を提案してくれたりした。

 

 

そして今日5回目のレッスンだったんだけど、

いつもより全然話すことが出来たのだ。いうなれば覚醒!

 

とはいえ相変わらず語彙が幼稚なのとグラマーが未熟すぎるのでまだまだであることに変わりはないんだけど、「カフェで友達と話しているように」するするっと話せた瞬間があって、そのときにまるで自転車に初めて乗れた時のようなアハ体験を感じた。

「いまおれ英会話してる!」とdmm英会話で初めて感じた瞬間であった...!!

 

 

 

あとはiknowがやはりはかどるので毎日これをコンスタントに10単語ずつ続けているのと、あとはmikanでtoeflの英単語を毎日100単語暗記+復習に当てている。

 

リーディングは村上春樹の「ノルウェイの森」のペーパーバックを読んでいるのと、あとは空き時間を見つけてword pressを読んでいる。

 

word pressは友人に勧めてもらったものだけど、内容もいいんだけど何より本の質感というか、サイズ感とかがすごく気に入って、ついついポケットに入れて持ち歩いてしまい、ついつい開いて読んでしまうという笑

 

 

本当はこれに加えてリスニングに力を入れたいんだけどそこまでの時間がなく...。

とにかく無理すぎず、毎日こつこつやることを心がけたい。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

9/24

 

ようやく精神的に一段落がついた9/24。

とかいってこの土日両日出勤だったので息つく暇はない...。

 

ないが仕方がない。

環境に文句を言っても仕方がない。

とうとうTOEICまで1週間なのだ。とりあえず手帳を開いてこの1週間でどのテキストをどのくらい進行して仕上げるのかというざっくりとしたスケジュールを組んだ。

 

 

このブログを更新していない通り、

びっくりするほど英語をサボっていたので今日からまた気合を入れ直して

まあ無理せずぬるぬるやっていこうと思う。

 

 

おしまい

prologue

 

明日ベトナムへ発つ。

正確には月曜日のAM 1:00の便で、向こうに朝着く感じだ。

不思議なほど緊張感がなく、緊張感がないあまり

今現在全く荷造りをしていない.....。

 

 

replenish

 

本当に久しぶりに土日を休むことができた。

たくさん寝たし、自転車に乗ることができた。

 

しんどかった案件も乗り越えられそうだし、来週のホーチミン行きのチケットも取る事ができた。ここから再始動できそうな気がする。

 

来月はTOEICもあるし、対策に重点を置きながら学習を継続したい。